『考』 About

 

 

 

Floating World ・・・

 

日本語で「浮世」

古来より伝わるはつらい世の中、はかなき世の中の意。

しかし江戸時代より浮世の意味は変わり 

「はかなき世の中であればこそ浮かれて過ごそう」

まさにその心は今も変わらず

自身のライフスタイルとなる。

 

 

 

<Artist>   べる. (BER.)  ・・・

      

日本人の根底に存在する

伝統文化、現代風刺、サブカルチャーなどを

"べる" というフィルターに通し、

Floating World(浮世)の字の如く

"浮かれた"アートワークを制作している。

 

皆さんがイメージするステンドグラス、アートワークの概念を壊し、

枠にとらわれない作品を中心につくっています。

芸術において優越など無いと私は思います。

何をつくり何を表現するかも自由です

 

皆様が私のアートワークに出会い、感じることによって

より素晴らしい作品を新たに生み出せればと思っています。

ぴ~す。